毛穴専門店 Bébé

毛穴ケアの悩みを改善する 毛穴専門店Bébé

ご予約・お問い合わせはこちら

「毛穴コンシーラー」の正しい選び方と使い方!毛穴をカバーして陶器肌を目指そう!

「毛穴を隠すおすすめのメイク道具はある?」「メイクが良くても毛穴が気になる」せっかくメイクをしても鏡を見て毛穴が目立つと気分が落ちますよね。

日常的に毛穴ケアをしているのになぜか毛穴が目立つ…。そんなときは毛穴コンシーラーがおすすめです。

本記事では毛穴コンシーラーについて、役割や選び方、使い方を解説します。

毛穴コンシーラーとは?

ここでは毛穴コンシーラーについて、役割とカバーできる毛穴について解説します。

毛穴コンシーラーの役割

毛穴コンシーラーはその名の通り、毛穴の目立ちをカバーする化粧品です。

毛穴は肌の表面に存在し、皮脂や老廃物の排出口として働いていますが、肌が乾燥したり、過剰な皮脂が詰まったりすると、目立ちやすくなります。

こうした毛穴の目立ちを抑える役割を果たしてくれる存在が「毛穴コンシーラー」なのです。

また、毛穴コンシーラーはメイクアップの下地として、ファンデーションのノリを良くする効果もあります。

選び方や使い方をマスターすれば、陶器のようなツルツルとした美肌を手に入れられるでしょう。

毛穴コンシーラーはどんな毛穴でもカバーできる?

毛穴コンシーラーはさまざまな毛穴タイプのカバーに役立ちます。

例えば、開き毛穴や、黒ずみ毛穴はファンデーションやお粉だけでカバーすることは難しく、厚塗りをすればその部分だけが浮いて見えるようになるケースもあります。

毛穴カバーに特化した毛穴コンシーラーを上手に使えば、毛穴トラブルを感じさせない肌を演出できるでしょう。

自分に合った毛穴コンシーラーの選び方

ここでは自分に合った毛穴コンシーラーの選び方を解説します。

「凸凹毛穴」や「開き毛穴」などタイプ別で選ぶ

自分に合った毛穴コンシーラーを選ぶ際は、毛穴の状態によって選ぶことが重要です。

例えば凹凸毛穴やたるみ毛穴には、毛穴を埋めて肌をなめらかに整えてくれる「柔らかいリキッドタイプの毛穴コンシーラー」をおすすめします。

また、角栓が詰まり黒んでしまった「黒ずみ毛穴」や、毛穴の入り口周辺がメラニンによって黒ずんでしまった「メラニン毛穴」にはカバー力が高い「スティックタイプの毛穴コンシーラー」がおすすめです。

このように、自分の毛穴タイプに適した毛穴コンシーラーを選ぶことで、納得の行く仕上がりを手に入れられます。

また、毛穴の状態は常に同じではないため、複数の毛穴トラブルに対応できるよう、さまざまなタイプに特化した毛穴コンシーラーを揃えておくと良いでしょう。

カラーは自分の肌色に近いものを選ぶ

毛穴コンシーラーの選び方の一つとして、自分の肌色に近いカラーを選ぶことが大切です。選択肢としては、「自然色」「ベージュ」「オークル」などが一般的で、それぞれの肌色の人に最適化されています。

  • 肌色
  • おすすめのカラー
  • 白色
  • 自然色
  • 普通肌
  • ベージュ
  • 日焼け肌
  • オークル

しかし、毛穴のタイプによっては肌色よりも暗めの色を使用することで、カバーしやすくなる場合もあるため、まずは自分の肌色に近いカラーを選び、毛穴タイプによって使い分けると良いでしょう。

テクスチャで選ぶ

毛穴コンシーラー選びのポイントとして、テクスチャも重要な要素です。テクスチャとは、製品が持つ「触感」や「塗り心地」のことを指します。

まず、リキッドタイプの毛穴コンシーラーは、液体が主成分のため伸びが良く、軽い使用感が特徴です。毛穴を均等に埋め、なめらかな仕上がりへと導きます。

一方、クリームタイプの毛穴コンシーラーは、厚みがあり濃密なテクスチャが特徴的で、高いカバー力を発揮します。黒ずみ毛穴などしっかり色身を隠したい場合におすすめです。

ただし、どちらのタイプも化粧品であるため、使用感や肌への負担を考え、自分に合ったものを選ぶ必要があります。使用した後はしっかりとメイクを落としきらないと毛穴に詰まって新たな毛穴トラブルを引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。

試供品で試してから選ぶ

コンシーラーの選び方に欠かせないのが、「試供品を使用してみる」という手段です。特に毛穴コンシーラーは、自分の肌質や毛穴の状態に合わせて選ばなければ効果を発揮しきれません。

まずは、コスメショップなどで試供品がある商品を手に取って、実際に手の甲などへ塗って色味やカバー力を確認します。

自分ではいまいちどの毛穴コンシーラーを選べば良いかわからない!という方はコスメショップの店員さんに相談して一緒に選んでも良いでしょう。

試供品を使ってみて、自分に合うものを見つけることができれば「購入したけど肌に合わない」「なんだか塗った部分だけ色味がおかしい」などのリスクを大幅に減らすことができます。

毛穴コンシーラーの正しい使い方

次は毛穴コンシーラーの正しい使い方を解説します。

毛穴コンシーラーを使う順番

「毛穴コンシーラーを使う順番」は次のとおりです。

  • 1.スキンケア(洗顔→化粧水→乳液)
  • 2.化粧下地:肌色のムラを整え、毛穴コンシーラーがよりなじみやすい肌状態を作る
  • 3.毛穴コンシーラー:特に毛穴が目立つ部分に、指で薄く伸ばす

これらの順番で使用することで、毛穴コンシーラーのカバー力をしっかり活かせます。

特に、化粧下地を塗ることで毛穴コンシーラーが肌になじみやすくなります。

最後にファンデーションを塗り、肌との色味に差が出ていないか、近くで見たときに毛穴はカバーできているかを確認すれば、陶器のような滑らかな肌の完成です。

毛穴が気になる場所へ指で薄く塗りこむ

毛穴コンシーラーの使い方はとても簡単です。まず、手に一粒大のコンシーラーを出しましょう。その後、気になる毛穴に対して、指でポンポンと叩くように塗り込みます。

特に、鼻や頬の毛穴が目立つ場所は入念にポンポンを繰り返しましょう。

また、塗りこむ際は「薄く塗る」ことを意識してください。

一度に厚く塗ってしまうと厚塗り感が出てしまうため、少量ずつ薄く伸ばしながら、必要に応じて追加していきましょう。

毛穴コンシーラーが乾くまで待つ

毛穴コンシーラーは、塗布した直後から次のステップに進むと、毛穴に馴染みにくくなり、時間が経つとヨレたり、落ちやすくなったりして毛穴が目立つ原因になるため、注意が必要です。

毛穴コンシーラーを塗布した後は、約1~2分ほど待ちましょう。

この時間はコンシーラーが毛穴にしっかりと馴染むための重要な時間です。

次に、指でポンポンと軽くたたき込むことで、コンシーラーが毛穴の中に入り込み、自然な仕上がりになります。この工程も、一度に大量に塗るのではなく、少しずつ重ねることがポイントです。

最後に、再度1~2分ほど待ちます。その間に、コンシーラーは完全に乾き、肌に密着します。これにより、カバー力がアップし、一日中美しい肌をキープすることができます。

さらにキレイに!毛穴コンシーラー使用後のメイクアップテクニック

ここでは毛穴コンシーラー後のメイクアップテクニックを解説します。

(1)ファンデーションはスポンジで押さえつけるように塗る

メイクアップテクニック1つ目は「ファンデーションはスポンジを押さえつけるように塗る」です。

毛穴コンシーラーの上からファンデーションを塗る際は、スポンジを使って押さえつけるように塗りましょう。筆や手でこすって塗ると、コンシーラーがムラになってしまう可能性があります。

  • 1.ファンデーションをスポンジに適量取ります。取りすぎると厚塗りになってしまうため、少量ずつ追加していくのがおすすめです。
  • 2.毛穴が気になる部分から始め、スポンジを軽く押さえるようにしながら肌に馴染ませていきます。
  • 3.スポンジは定期的に洗って清潔に保つことも重要です。汚れたスポンジを使うと肌トラブルの原因となるため注意が必要です。

この塗り方により、毛穴コンシーラーとファンデーションがしっかりと密着し、毛穴を自然にカバーすることができます。

(2)パウダーをはたくと更に毛穴が目立たなくなる

メイクアップテクニック2つ目は「パウダーをはたくと更に毛穴が目立たなくなる」です。

コンシーラーの上からパウダーをはたくことで、肌の表面を更に滑らかに見せることができます。

特にオイルコントロールパウダーを使用すると、余分な皮脂を吸収し、メイクが崩れにくくなります。

また、パウダーのはたき方も重要です。ブラシにパウダーをしっかりと取り、肌に優しく押し付けるように軽くはたきます。

パウダーを肌に滑らせるようにすると、コンシーラーがヨレてしまう可能性があるため、注意が必要です。

また、パウダー選びにも工夫が大切です。

透明感のあるパウダーを使用すると自然な仕上がりになりますが、肌の色に合わせたパウダーを選ぶとより自然なカバー力を発揮してくれます。

よくあるFAQ

ここではよくあるFAQを解説します。

毛穴にコンシーラーをすると逆に目立つんだけど…

毛穴をカバーしようとコンシーラーを使用したのになぜか目立つ…。

その原因は主に2つです。

1つ目は、コンシーラーの選び方です。自分の肌色と合っていないコンシーラーを使用すると、逆に毛穴が目立つことがあります。肌色と近い色味を選びましょう。

2つ目は塗り方です。「コンシーラーを厚塗りする」「指でゴシゴシと擦るように塗る」といった行為は毛穴を強調してしまいます。コンシーラーは薄く、そして優しく塗ることが大切です。

また、下地やファンデーションの上から塗ると、毛穴の凹凸をカバーする効果が高まります。

毛穴にコンシーラーが埋まってしまう場合はどうしたら良い?

毛穴にコンシーラーが埋まってしまう問題は、誰もが経験したことがあるかもしれません。

解決策としては、毛穴コンシーラーの使用方法を見直すことが大切です。

コンシーラーは薄く伸ばすように心がけましょう。塗りすぎると逆に毛穴を目立たせる原因となります。

次に、スキンケアの見直しも重要です。しっかりとした洗顔と保湿を行うことで、毛穴を健康な状態に保つことができます。

特に、乾燥すると毛穴が目立つため、徹底した保湿ケアを意識してください。

最後に、メイク道具の衛生管理も忘れずに。ブラシやスポンジは定期的に洗浄し、清潔に保つことで不要な皮脂や汚れが毛穴に詰まるのを防ぎます。

コンシーラーの厚塗り感をなくす方法はある?

コンシーラーの厚塗り感をなくすには、量を調整し、適切な塗り方を心掛けることが大切です。

  • 1.少ない量から始める
    毛穴コンシーラーは少量でも十分なカバー力を発揮します。少ない量から始め、必要に応じて追加するようにしてください。一度に大量に塗ると厚塗り感が出てしまいます。
  • 2.パンチング法を利用する
    コンシーラーを指先に取り、気になる部分を軽くたたき込むように塗布する方法をパンチング法といい、肌への密着度を高めつつ、自然な仕上がりを目指すことができます。
  • 3.スポンジやブラシを使う
    スポンジやブラシを使うと、ムラなく薄く伸ばすことができます。また、余分な量を吸収してくれるため、厚塗りになりにくくなります。

以上の方法を試し、自分の肌と相談しながら最適な塗り方を見つけてみてください。

毛穴専門店「Bébé」で自分磨きを始めてみませんか。

性別、年齢問わず、お肌の悩みは付き物です。特に、毛穴トラブルは基礎化粧品やセルフケアではなかなか解決できない方も多いはず。

エステや美容クリニックよりも安価で効果を感じたい方、お肌を痛めず「赤ちゃん」肌を手に入れたい方は、毛穴専門店「Bébé」をぜひ一度お試しください!

「オーヴル毛穴フェイシャル」で赤ちゃん肌に導きます!

「オーヴル毛穴フェイシャル」は、長年培った毛穴専門店「Bébé」のオリジナル技術です。
水素を使用し、お肌に負担をかけません。どんな毛穴の汚れ・詰まりもスッキリ取り除きます。

お肌が弱い方、敏感肌の方も安心してご利用いただけます。

ご新規様ならば、「オーヴル毛穴フェイシャル」「ヒト臍帯血幹細胞培養液」が5,500円で体験できます!

リピーター率70%以上!お客様満足に自信があります

毛穴専門店という言葉は、あまり馴染みがない方も多いかもしません。

「どんな施術をしてもらえるのかな」「エステのように営業されたらどうしよう」と、初めての方は緊張な面持ちで来店されます。

「Bébé」は、無理な営業、勧誘は一切いたしません!高水準で均質な技術、品質を保証する有資格者によるサービスをお約束。お客様満足96%以上がその証です。

あなたの毛穴にあった「セミオーダー」施術が受けられる!

お客様の毛穴の状態を見極めたセミオーダーの施術を行います 施術の時間は基本メニューで約60分です。ゆったりとリラックスして施術を受けていただけます、お肌はもちろん、ココロも休まるひとときを過ごすことができます。たった1回の施術でも劇的ビフォーアフターを見込めます。

毛穴の無料診断ができる!

毛穴の専門家が、毛穴とお肌の状態をしっかりと確認します。

現在の毛穴の状態を特殊なマイクロスコープで拡大し、蓄積された改善データを元に、お客様のお肌のお悩みの原因と改善方法をご提供します。

自分では気づかなかった毛穴の状態を知ることができるので、喜ばれるお客様が多くいます。ぜひ一度、お試しください!

まとめ

本記事では毛穴コンシーラーについて、役割や正しい使い方、メイクアップテクニックについて解説しました。毛穴コンシーラーは毛穴トラブルをカバーしてくれる頼もしい存在です。

ただし、毛穴コンシーラーは一時的な解決策であり、根本的な解決にはなりません。

毛穴トラブルを引き起こす原因をしっかりと理解し、生活習慣を見直して根本から毛穴のない美しい肌を目指しましょう。

WEBでのご予約はこちら お問い合わせ