毛穴専門店 Bébé

毛穴ケアの悩みを改善する 毛穴専門店Bébé

ご予約・お問い合わせはこちら

毛穴が目立つ原因とは?目立ちやすい毛穴のタイプと予防方法を解説!

「毛穴が目立って肌がきれいに見えない…」

毛穴の目立ちは、年齢問わず抱えやすい肌悩みです。

この記事では、毛穴が目立つ原因と対策について解説します。目立ちやすい毛穴のタイプも紹介するので、自分はどのタイプの毛穴なのかぜひご参考ください。

毛穴が目立つ2つの主な原因

そもそも、なぜ毛穴が目立つのでしょうか。

毛穴が目立つ原因として特に考えられるのが、過剰な皮脂分泌と肌のたるみです。

この二つの原因を詳しく見ていきましょう。

過剰な皮脂分泌

肌をきれいに保つには、水分と油分のバランスが整った状態が好ましいです。

水分と油分が多い状態だと、皮脂分泌が増加して毛穴の目立ちの原因になります。

皮脂分泌が多いからといって、過剰な洗顔や刺激の強い洗顔料を使用すると、かえって皮脂腺を刺激して過剰な皮脂分泌を引き起こすので注意しましょう。

逆に、乾燥肌も過剰な皮脂分泌の原因につながります。

乾燥した肌の状態から守るために皮脂を過剰に分泌し、水分が少なく油分が多いインナードライの状態になり、毛穴が目立つからです。

また高脂肪や高糖分の食事、喫煙や睡眠不足など、日々の生活習慣によって毛穴が目立つ場合もあります。

過剰な皮脂分泌を予防するには、スキンケアと生活習慣の見直しが大切です。

加齢による肌のたるみ

加齢による肌のたるみも毛穴を目立たせる要因です。

肌の弾力性を保つための成分、コラーゲンとエラスチンは年齢とともに減少します。

よって、肌の弾力性が低下し、毛穴の周りの組織がたるんでしまうため毛穴が目立って見えるのです。

ただし、若い方でも毛穴が目立たないわけではありません。

紫外線を浴びることで、肌ダメージを受けて毛穴が目立つからです。

紫外線はシミだけではなく、シワやたるみなど老化を促進するため、若いうちから日焼け対策をして毛穴の目立ちを予防しましょう。

ここからは、年齢別の肌の状態と毛穴が目立つ原因について解説します。

10代

10代は思春期でホルモンバランスが乱れやすい時期です。

皮脂分泌が盛んで、思春期ニキビに悩む時期でもあるでしょう。ニキビやニキビ跡から毛穴のつまりや黒ずみになり、毛穴の目立ちを引き起こす場合があります。

また、部活動や授業などで紫外線を浴びる時間が多いため、肌刺激を受けやすく、肌トラブルが発生しやすいです。

適切なスキンケアと日焼け対策で毛穴対策をしましょう。

20代

20代は、思春期と比べてホルモンバランスが安定するため、皮脂分泌も安定しやすいです。

20代の肌は若く新陳代謝も活発な時期ですが、外部からのストレスや生活環境の変化により、毛穴トラブルを引き起こす場合があるので注意しましょう。

特に、飲酒や喫煙は毛穴目立ちの原因につながります。20代は肌の基礎を築く大切な時期です。適切なスキンケアと健康的な生活習慣が、今後の肌をつくるポイントとなります。

30代~40代

30代では、20代と同じくホルモンバランスが安定しているため、皮脂分泌が落ち着く傾向があります。肌状態が落ち着き、肌質が安定する時期なので、若々しい肌をキープしやすいでしょう。

一方で、40代に入るとホルモンバランスが崩れやすく、皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。ニキビや吹き出物など肌荒れやコラーゲンの減少が見られ、肌のハリや弾力が低下するため、毛穴の目立ちが気になりやすいです。

40代から肌の老化が進む時期なので、たるみ毛穴に注意しましょう。

毛穴が目立つ部位

肌のなかで特に毛穴が目立ちやすい部位は、頬、鼻、眉間、おでこです。

それぞれ、毛穴が目立つ原因が異なるため、毛穴が気になる部位をチェックしてみましょう。

頬は、加齢によるたるみ毛穴ができやすい部位です。コラーゲンやエラスチンの減少によって、頬の弾力が失われて毛穴の開きが目立つ原因につながります。

また、乾燥しやすい部位でもあり、インナードライを引き起こして乾燥毛穴を引き起こす場合もあるので注意しましょう。

肌が乾燥すると、過剰に皮脂を分泌しようとするため、毛穴が開きやすくなります。乾燥毛穴から他の毛穴トラブルが発生する恐れがあるため、保湿ケアの見直しが大切です。

鼻の毛穴が目立つ原因は、皮脂の過剰分泌とそれに伴う毛穴の詰まりです。皮脂が鼻の毛穴にたまり、酸化して黒ずみや角栓となります。

この黒ずみが、視覚的に毛穴を大きく見せてしまい、毛穴が目立つ原因になるでしょう。

また、角栓が毛穴を塞ぎ、毛穴が開いたままになることも毛穴が目立つ原因です。丁寧なクレンジングと洗顔を意識するとよいでしょう。

眉間

眉間は、加齢により肌の弾力が失われることでシワができ、毛穴が目立つ場合があります。普段より眉間にシワを寄せるのが癖になっている方は、注意が必要です。

また、Tゾーンに該当する部位のため、過剰な皮脂分泌によって毛穴が酸化し、黒ずみ毛穴が目立つ場合もあります。

普段あまり意識しない部位だからこそ、肌状態を確認してスキンケアの見直しが大切です。

おでこ

おでこは、皮脂分泌が多い部位のため、黒ずみ毛穴ができやすい傾向があります。ニキビやニキビ跡から毛穴が目立つ場合もあるので、ニキビができたら潰さずに清潔な状態を保ちましょう。

また、シャンプーやコンディショナーを地肌につけて流したり、ヘアオイルが肌についたりと、ヘアケアから毛穴トラブルの原因につながる場合もあるので注意が必要です。

9つの毛穴タイプを知っておこう

毛穴とひとくちに言っても、毛穴のタイプはさまざまです。

乾燥が原因の毛穴もあれば、皮脂分泌が原因の毛穴、エンジングサインが原因の毛穴など、細かく分類されます。

ここからは、毛穴専門店「Bébé」が定義する9つの毛穴タイプについて見ていきましょう。

脂性毛穴

脂性毛穴とは、水分や皮脂が過剰に分泌された毛穴のことです。

テカりやベタつきが気になる肌質の方が悩みやすい毛穴で、ケアをしない状態が進むと、角栓や黒ずみの原因につながる恐れがあります。

詰まり毛穴

詰まり毛穴とは、皮脂の過剰分泌により汚れが詰まった毛穴のことです。

毛穴に角質や皮脂汚れが詰まり、白い角栓のように見えます。洗顔後や入浴時に鼻や頬に見られるケースが多く、無理に除去すると毛穴の悪化につながるので注意しましょう。

黒角栓毛穴

黒角栓毛穴とは、毛穴の角栓が黒く酸化した状態の毛穴のことです。

鼻やTゾーンなど皮脂分泌が多い部位に発生しやすい毛穴で、セルフケアではなかなか難しい毛穴の種類といえます。白い角栓が紫外線や空気に触れると酸化するため、黒ずみ化する前にケアする必要があります。

すり鉢毛穴

すり鉢毛穴とは、すり鉢状に毛穴が削られて毛穴が開いている状態の毛穴のことです。

クレーターのようにボコっとした肌に見えるのが特徴的で、酸化や炎症が進行して悪化することですり鉢毛穴になります。

乾燥毛穴

乾燥毛穴とは、水分や皮脂量が少なく、潤いが不足している状態の毛穴のことです。

肌がつっぱりやすい敏感肌や、肌のかさつきが気になる乾燥肌の方に見られやすい毛穴で、さまざまな肌トラブルの原因につながります。

メラニン毛穴

メラニン毛穴とは、毛穴の周りの角質が色素沈着している状態の毛穴のことです。

黒角栓毛穴と似ていて、紫外線を浴びることで皮脂と反応を起こし、メラニン色素が滞留し色素沈着を起こします。肌のくすみやシミの原因につながるため注意しましょう。

おこもり毛穴

おこもり毛穴とは、ターンオーバーの乱れにより、古い角質が蓄積している状態の毛穴のことです。

角質が厚く、肌のごわつきやざらつきを感じる場合があります。ニキビの原因につながるため、正常なターンオーバーに戻してあげるのが大切です。

たるみ毛穴

たるみ毛穴とは、肌にハリがなく緩んだ状態の毛穴のことです。

加齢により、コラーゲンとエラスチンが減少し、肌のハリが低下することで発生します。肌のキメが荒く、毛穴の開きが目立つようになるため適切なスキンケアを意識しましょう。

ライン毛穴

ライン毛穴とは、毛穴が縦長に伸びている状態の毛穴のことです。

たるみ毛穴が進行することで発生する毛穴で、たるみによって肌が下に引っ張られ、毛穴が縦長に伸びてしまいます。老け見えの原因につながるため、進行しないようにケアしましょう。

毛穴目立ちを予防・ケアしよう

毛穴の目立ちを予防するには、普段のスキンケアと生活習慣の見直しが大切です。

適切なターンオーバーを繰り返すことによってきれいな肌を目指せます。

正しい予防方法で、毛穴の目立ちをケアしましょう。

クレンジング&洗顔

毛穴は、ファンデーションの詰まりや日中の汚れによって目立つ場合があります。

クレンジングと洗顔は、毛穴の汚れをケアするために重要なステップです。

メイクをした日は、クレンジングオイルやクレンジングバームなど、洗浄力が強いものを使って毛穴の汚れを浮かしてケアしましょう。

乾燥を懸念してクレンジングミルクなど、肌刺激が少ないものを選びがちですが、メイクを落としきれない恐れがあります。しっかりメイクの日は、確実に落とせるアイテムを選びましょう。

また、洗顔は酵素やビタミンCが含まれたものなど、毛穴汚れに特化した成分を選ぶのがおすすめです。クレイ系や炭系の洗顔は、皮脂分泌を抑えてくれるので、脂性肌に悩んでいる方に向いているでしょう。

泡立てるタイプの洗顔は、泡立てネットや洗顔ブラシを使って洗顔すると、ワンランク上の毛穴ケアが叶えられます。

保湿

毛穴の目立ちを予防するためには、適切な保湿が欠かせません。

洗顔後は肌が無防備な状態です。肌表面の水分蒸発を防ぎ、肌の保湿をしましょう。

水分の多いものから徐々に油分が多いものを塗っていくので、基本的には化粧水→美容液→クリームの順番でスキンケアをします。水分を油分で蓋をするイメージです。

最近では導入美容液やプレ化粧水など、さまざまなスキンケアアイテムが登場しています。よりしっとりとした肌を目指したい方は、取り入れるとよいでしょう。

乾燥毛穴に悩む方は、セラミドやライスパワー®No.11などの保湿力が高い成分がおすすめです。

黒角栓毛穴や脂性毛穴はビタミンCやナイアシンアミドなど、皮脂分泌を抑える有効成分が入った美容液などを取り入れるとよいでしょう。

メイク

お出かけの際、毛穴が目立たないようにしたいという方は、メイク方法も大切です。

ファンデーションが毛穴に詰まって目立つ方は、メイク前のスキンケアを見直しましょう。洗顔後に化粧水とクリームで肌を整えることで、乾燥による崩れを軽減できます。

ただし、油分が多いクリームはかえってパウダーが詰まる原因になるため注意が必要です。ジェルなどさっぱりタイプのテクスチャーがよいでしょう。

また、脂性肌で崩れやすい方は、リキッドタイプよりパウダータイプのファンデーションがおすすめです。適度な量のファンデーションを少しずつ毛穴に密着させながら目立たなくしていきましょう。

フィックスミストなどでメイク崩れを予防してあげると、ワンランク上の仕上がりになるため、ぜひご参考ください。

ライフスタイルの見直し

スキンケアと同時に、ライフスタイルの見直しも大切です。

まず、バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルの摂取を意識しましょう。野菜や果物、良質なたんぱく質を意識的に摂ることで、ヘルシーな肌を目指せます。

また、適度な運動も重要です。汗をかくことで汗腺や皮脂腺が開き、代謝アップにつながります。運動が苦手な方は、サウナや岩盤浴などを取り入れるとよいでしょう。

そのほか、十分な睡眠やストレスの管理、禁酒や禁煙など、肌荒れや毛穴のトラブルを予防して毛穴の目立ちをケアしましょう。

毛穴専門店「Bébé」で自分磨きを始めてみませんか。

性別、年齢問わず、お肌の悩みは付き物です。特に、毛穴トラブルは基礎化粧品やセルフケアではなかなか解決できない方も多いはず。

エステや美容クリニックよりも安価で効果を感じたい方、お肌を痛めず「赤ちゃん」肌を手に入れたい方は、毛穴専門店「Bébé」をぜひ一度お試しください!

「オーヴル毛穴フェイシャル」で赤ちゃん肌に導きます!

「オーヴル毛穴フェイシャル」は、長年培った毛穴専門店「Bébé」のオリジナル技術です。
水素を使用し、お肌に負担をかけません。どんな毛穴の汚れ・詰まりもスッキリ取り除きます。

お肌が弱い方、敏感肌の方も安心してご利用いただけます。

ご新規様ならば、「オーヴル毛穴フェイシャル」「ヒト臍帯血幹細胞培養液」が5,500円で体験できます!

リピーター率70%以上!お客様満足に自信があります

毛穴専門店という言葉は、あまり馴染みがない方も多いかもしません。

「どんな施術をしてもらえるのかな」「エステのように営業されたらどうしよう」と、初めての方は緊張な面持ちで来店されます。

「Bébé」は、無理な営業、勧誘は一切いたしません!高水準で均質な技術、品質を保証する有資格者によるサービスをお約束。お客様満足96%以上がその証です。

あなたの毛穴にあった「セミオーダー」施術が受けられる!

お客様の毛穴の状態を見極めたセミオーダーの施術を行います 施術の時間は基本メニューで約60分です。ゆったりとリラックスして施術を受けていただけます、お肌はもちろん、ココロも休まるひとときを過ごすことができます。たった1回の施術でも劇的ビフォーアフターを見込めます。

毛穴の無料診断ができる!

毛穴の専門家が、毛穴とお肌の状態をしっかりと確認します。

現在の毛穴の状態を特殊なマイクロスコープで拡大し、蓄積された改善データを元に、お客様のお肌のお悩みの原因と改善方法をご提供します。

自分では気づかなかった毛穴の状態を知ることができるので、喜ばれるお客様が多くいます。ぜひ一度、お試しください!

まとめ

この記事では、毛穴が目立つ原因と毛穴目立ちの予防方法について解説しました。

自分の毛穴がどのタイプかチェックして、タイプに合わせた対策が必要です。

自分に合ったケア方法が知りたい方や、毛穴をきれいにしたい方はぜひ毛穴専門店「Bébé」にご相談ください。

毛穴の目立ちをケアして、きれいな素肌を目指しましょう。

WEBでのご予約はこちら お問い合わせ