毛穴専門店 Bébé

毛穴ケアの悩みを改善する 毛穴専門店Bébé

ご予約・お問い合わせはこちら

いちご鼻を治したい!正しいセルフケア方法や間違った改善対策をご紹介!

  • 鏡を見ると、鼻の毛穴が黒ずんで「いちごみたい・・・」
  • 洗顔しても毛穴の黒ずみが落ちず「汚れが目立ってしまう」
  • メイクでカバーしようとしても鼻の毛穴汚れが落ちない!

など、鼻の毛穴汚れが目立つ、通称「いちご鼻」に悩まされている方はいないでしょうか。鼻は顔の真ん中にある部位であり、人と話したり顔を合わせる時に目が行きがちなパーツです。そのため、毛穴の汚れがプツプツと残ったままでは目立ってしまいます。

そこで今回は、いちご鼻を効果的に改善するセルフケアの方法や間違った改善対策についてご紹介していきます。ご紹介した方法を継続すれば、長年いちご鼻に悩まされている方のお役に立てれば幸いです。

「治したい」いちご鼻の種類と原因は?

いちご鼻とひとことで言っても、いちご鼻には

  • 角栓詰まりタイプ
  • 色素沈着(メラニン)タイプ
  • 毛穴の開きや産毛タイプ

など、大きく分けると3種類に分けられます。
それぞれの特徴と原因をご紹介していきます。

角栓の詰まりタイプ

毛穴にメイクで落としきれなかった汚れや角栓が詰まると、空気に触れた角栓は次第に黒ずんでいきます。この黒ずんだ角栓が原因でいちごの種のようにポツポツと目立った状態が「毛穴詰まりが原因のいちご鼻」です。
落ちにくいファンデーションやメイクアイテムを愛用している人に多くできると言われており、おでこや鼻、あごなどのTゾーンに多くみられます。

《毛穴詰まりのいちご鼻の特徴》

  • 鼻や小鼻、あごなどに多い
  • 触るとザラザラする
  • 毛穴に黒や白のポツポツしたものが詰まって見える
  • 肌のテカリやベタつきが気になる

色素沈着(メラニン)タイプ

毛穴の「ろうと部」と呼ばれる入口部分の皮膚にメラニンが付着し、リング状に色素沈着を起こした状態が「色素沈着が原因のいちご鼻」です。日焼けや皮膚を擦ることが原因で起こると言われており、毛穴周りが黒く目立つため、「毛穴ジミ」とも呼ばれています。

無理に角栓を除去するような毛穴ケアを継続している人や、日焼け止めをぬる習慣がない人、塗り忘れが多い人に多くみられます。

《色素沈着タイプの特徴》

  • 角栓をとっても黒ずみが残る
  • 肌を触ってもザラザラしていない

毛穴の開きや産毛タイプ

食生活の乱れや乾燥などが原因で毛穴が開くことがあります。毛穴の開きが大きければ大きいほど肌にできた凹凸が黒い影となり、いちご鼻のように見える原因に。他にも、産毛が生えていることや、生えている産毛を剃り、その断面が目立つこともいちご鼻に見えることもあります。

産毛が原因の場合、毛抜きで抜くのはNG。余計なダメージを与えてしまうため、更なる肌トラブルを招く要因になってしまいます。

《毛穴の開きや産毛タイプの特徴》

  • 角栓をとっても黒ずみが残る
  • 肌に凹凸が見える
  • 産毛が太いと沿った部分が黒い斑点のように見える

いちご鼻に悩まないためにも徹底した予防を

できてしまったいちご鼻は、なかなかキレイに治しにくいと言われています。そのためにも、いちご鼻ができないよう予防を徹底することがおすすめ。
できてからのケア方法をリサーチするよりも、以下の「予防法」を毎日のケアに取り入れてみましょう。

メイクは早めに落とす

外出から戻ったり、お仕事から帰宅した後は、なるべく早くメイクを落とすようにしましょう。ファンデーションなど、メイク用品に含まれる鉱物油はホコリがつきやすく、角栓の原因になってしまうためです。

こういった汚れや皮脂は角栓と化し、毛穴に詰まりだします。疲れていても、すぐ落とすのが大切だといえますね。

また、長時間メイクを施したままでいると、メイク用品に含まれる油分が酸化し、これも黒ずみの原因になります。“どうしてもいちご鼻になりたくない!”という場合は、メイクの時間を減らすことも大切です。お部屋の中で過ごすときだけでもノーメイクを心がけてみましょう。

正しく洗顔をする

メイクを落とす時は、正しい洗顔・クレンジング方法でのケアが大切です。
なお、メイク落としシートは使わないことが鉄則。シートの摩擦によって角質層を傷めたり、摩擦による刺激からメラニンの生成を促す可能性があるためです。

正しい洗顔方法は以下の通りです。

  • ①手を洗う
  • ②ぬるま湯で洗顔し、水で落ちる汚れを落とす
  • ③洗顔料を泡立てる
  • ④③の泡を用いてTゾーンから優しく洗う、目元や口元は泡を乗せる程度でOK
  • ⑤ぬるま湯でしっかり洗い流す
  • ⑥清潔なタオルで優しく拭く

なお、どの工程も肌への刺激を減らすためにも、ゴシゴシ擦ることはNGです。洗顔後は乾燥を予防するためにも、化粧水や乳液を活用し、すぐに保湿しましょう。

保湿とスキンケアはしっかり行う

毛穴の開きや角栓詰まりは、皮脂の過剰分泌が原因だと言われています。さらに、これにはさまざまな要因が隠されており、その一つに『肌の乾燥』があげられます。乾燥は、お肌の大敵。洗顔の後は、化粧水・乳液をはじめ、保湿とスキンケアにしっかり取り組みましょう。

また、オイリー肌の人などは「肌がベタベタするから油分の入ったスキンケアアイテムは使用したくない」という場合もあります。しかし、肌の潤いを保つにはある程度の油分も必要。油分と水分のバランスが良いものや、使用感の良いアイテムを活用し、保湿に取り組むと良いでしょう。

紫外線やUVの対策をする

余計なメラニンの生成を促さないためにも、紫外線やUV対策は必須です。外出時は日焼け止めを塗り、メイクをしない日でも対策を欠かさないようにしましょう。

また、日焼け対策と聞くと、“夏場だけ”や“天気の良い日だけ”をイメージする人も多いです。しかし、紫外線は季節や天候を問わず、一年中降り注いでいます。そのため、夏だけ日焼け対策をするのではなく、どの季節もどんな天気の日も対策することがおすすめです。UV対策グッズは年中販売されているため、常備しておきましょう。そして汗などによって日焼け止めが落ちたと感じるなら、塗り直すことが大切です。

活習慣を見直す

ターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が剥がれ落ちず蓄積し、角栓を招きます。こういったトラブルを防ぐためにも、睡眠不足や偏った食事、運動や過度なストレスなどがかからないよう、生活習慣を見直すことも予防に繋がります。

このほか、禁煙を心がけることも大切。いちご鼻の予防のために規則正しい生活を心がけましょう。

治したいならNG!間違ったいちご鼻ケア5選

できてしまったいちご鼻を治したいと思うなら、正しい方法でのケアは必須。言い換えると、間違ったケアに力を入れていても、改善は見込めないと言えるでしょう。

それでは、早速NGとされるケア方法を5つご紹介していきます。

指で角栓を押し出す

気になる毛穴を見つけたら、“つい押し出してしまいたくなる”という人も多いかと思います。しかし、角栓を指で押し出すことはNG行為の一つ。
強い力で皮膚を圧迫し、毛穴の中の角栓を無理やり押し出すと、毛穴が開き、それまで以上に皮脂がつまりやすくなる可能性があるためです。

さらに、ダメージを受けることでメラニン色素の生成が活発になり、色素沈着を引き起こすリスクも高まります。

押し出したくなる気持ちは抑え、角栓の押し出しは、やらないようにしましょう。

毛穴パックシートを使う

鼻に貼って剥がすだけで毛穴に詰まった角栓や古い角質などを取り除くことができる毛穴パック。ドラッグストアや100円ショップなどでも購入できる手軽さや、除去できた汚れや角栓が見て分かることに“ハマる!”という人も多いのではないでしょうか。
しかし、市販の毛穴パックシートは、毛穴に詰まった角栓を無理やり取り除くことになり、いちご鼻を悪化させる要因にもなってしまいます。

使用する際は、使用頻度を守ることや、使用後の保湿を入念に行うなどのケアが欠かせません。

毛穴を埋めてしまう化粧品を使う

ポコっと開いた毛穴をファンデーションなどで埋めたり、メイクの厚塗りや落ちにくいタイプの化粧品でカバーすることは、いちご鼻の悪化を招きかねません。

いちご鼻の原因とも言える角栓は、皮脂や落としきれなかったメイクなどの汚れが原因。角栓を作らないためにも、皮膚を清潔に保っておくことは重要です。

そのため、毛穴を埋めるようなメイクや、落ちにくいタイプの化粧品はいちご鼻悪化につながるため、メイク用品選びに注意するようにしましょう。

ごしごし洗顔する

小鼻を触ってザラザラしていると、顔を擦るようにゴシゴシと洗ってしまいがちです。しかし、この刺激もいちご鼻を悪化させる要因の一つ。

できるだけ刺激を与えないよう、たっぷりの泡で洗顔したり、オイルクレンジングを用いて、メイクを浮かせて落とすなど、洗顔を工夫しましょう。また、毛穴汚れが気になるからといって、1日に何度も洗顔することはNG。潤いに必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥を招くだけでなく、皮脂の過剰分泌を促すことにも繋がってしまいます。

さらに、顔の凹凸にも要注意です。髪の生え際や目周辺、あご下などは、洗顔料が残りがちな部位。泡が残らないよう、丁寧に洗い流すようにしましょう。

過剰なピーリングをする

古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促すピーリング。正しく使うことでいちご鼻の改善が期待できると言われているアイテムです。

しかし、スクラブ入りのものや、市販のピーリング剤の中には刺激が強く、肌を傷つけてしまうものもあります。やりすぎるとかえって悪化するため、どうしても改善したいと思うなら、毛穴専門店やエステ、美容皮膚科などで“ケミカルピーリング”などのケアを受けることもおすすめです。

いちご鼻を治したいなら専門機関へ相談しよう

セルフケアに毎日励んでいたとしても、

  • ・いちご鼻が目立ったかもしれない
  • ・全然気になる部分が綺麗にならない

など、思うような結果が得られないこともあります。
また、自己判断で行うと悪化を招く可能性があるピーリングも、適切な方法でケアを受ければ、いちご鼻改善も十分期待できることでしょう。そのため、美容皮膚科や毛穴専門店に相談してみることもおすすめです。

いちご鼻と睨めっこする前に、即効性に期待して、プロの手をかりたケアを検討してみましょう。

いちご鼻が気になる方には、毛穴専門店「Bébé」がおすすめ

性別や年齢を問わず、お肌の悩みは付き物です。特に、顔の中心に位置する鼻の毛穴に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

さらに、毛穴トラブルは基礎化粧品やセルフケアではなかなか解決できないことも多く、「ケアを頑張っているのに・・・」と、思うように改善されない肌をみて、落ち込むという人も珍しくありません。

そんなお悩みは、毛穴専門店「Bébé」にお任せ!エステや美容クリニックよりも安価でありながら、十分な効果を感じていただけるはずです。お肌を痛めず「赤ちゃん」肌を手に入れたい方は、ぜひ一度お試しください!

「オーヴル毛穴フェイシャル」で赤ちゃん肌に導きます!

「オーヴル毛穴フェイシャル」は、長年培った毛穴専門店「Bébé」のオリジナル技術です。
水素を使用し、お肌に負担をかけません。どんな毛穴の汚れ・詰まりもスッキリ取り除きます。

お肌が弱い方、敏感肌の方も安心してご利用いただけます。

ご新規様ならば、「オーヴル毛穴フェイシャル」「ヒト臍帯血幹細胞培養液」が5,500円で体験できます!

リピーター率70%以上!お客様満足に自信があります

毛穴専門店という言葉は、あまり馴染みがない方も多いかもしません。

「どんな施術をしてもらえるのかな」「エステのように営業されたらどうしよう」と、初めての方は緊張な面持ちで来店されます。

「Bébé」は、無理な営業、勧誘は一切いたしません!高水準で均質な技術、品質を保証する有資格者によるサービスをお約束。お客様満足96%以上がその証です。

あなたの毛穴にあった「セミオーダー」施術が受けられる!

「Bébé」では、お客様の毛穴の状態を見極め、お悩みに合ったセミオーダーの施術を行います。施術の時間は基本メニューで約60分ですが、セミオーダーの施術だからこそ、たった1回の施術でも劇的ビフォーアフターを見込めます。
また、ゆったりとリラックスして施術を受けていただけるため、お肌はもちろん、ココロも休まるひとときをお過ごしいただけます。

毛穴の無料診断ができる!

「Bébé」のスタッフは、毛穴の専門家です。お客様の現在の毛穴の状態を特殊なマイクロスコープで拡大し、確認。蓄積された改善データを元にお客様のお肌のお悩みの原因と改善方法をご提供します。

自分では気づかなかった毛穴の状態を知ることができるので、喜ばれるお客様も多くいらっしゃいます。ぜひ一度、お試しください!

まとめ:年齢による毛穴のお悩みは、お肌のたるみが原因!正しいケア方法を取り入れよう

顔の中央に位置する鼻だからこそ、毛穴の汚れやトラブルに目が行きがちです。中でも、毛穴に詰まった角栓が酸化し黒く見える「いちご鼻」は、男女はもちろん、年代を問わず多くの人が悩まされている毛穴トラブルと言えるでしょう。

いちご鼻は、改善策に力を入れることはもちろん、できないように日頃から予防していくことが大切です。

  • ・帰宅したらメイクをすぐ落とす
  • ・正しい方法で洗顔する
  • ・保湿とスキンケアはしっかり行う
  • ・紫外線対策を怠らない
  • ・生活習慣を見直す

など、できることから毎日のケアに取り入れていきましょう。

一方、できてしまったいちご鼻は、セルフケアではなかなか改善が難しいと言われています。鏡の中の自分のいちご鼻にため息が出てしまうなら、毛穴専門店「Bébé」にお越しください!お客様のお悩みの原因を探し、適切なケアを施すことでいちご鼻を改善できるはずです。

まずはお試し体験から!毛穴の変化を実感してみてくださいね。

無料カウンセリングのご予約はこちら!