毛穴専門店 Bébé

毛穴ケアの悩みを改善する 毛穴専門店Bébé

ご予約・お問い合わせはこちら

生まれつき肌が汚いのは遺伝?努力しても肌が汚い場合の対処法

「生まれつき肌が汚い」と若いときから肌に悩む方は少なくありません。

肌が汚いと、ファッションやメイクを楽しめず、気分も落ち込んでしまいますよね。

この記事では、生まれつき肌が汚い原因について解説します。また、努力しても肌が汚い場合の対処法についても紹介するので、肌にお悩みの方はご参考ください。

生まれつき肌が汚いのは遺伝ではない

「努力をしても肌が汚いのは遺伝のせい?」と気になる方も多いかもしれません。

しかし、生まれつき肌が汚いのは、遺伝とは異なる要因によるものが考えられます。例えば、生活習慣や環境、スキンケアやホルモンバランスなどの原因があるでしょう。

遺伝的要素は全く関係ないとは言い切れませんが、他の要因と組み合わさって肌状態が悪いケースが多いです。

肌質は遺伝する可能性がある

生まれつき肌が汚いのは遺伝ではありませんが、肌質は遺伝する可能性があります。肌の色や質感、油分の分泌量などが親から子へと遺伝するケースは考えられるでしょう。

例えば、親が乾燥肌である場合、子供も同様の肌質を持ちやすい傾向があります。

ただし、遺伝だけが肌質を決定するわけではありません。また、肌質は年齢とともに変化する場合もあるため、一概に肌質も遺伝の影響とは言い切れないでしょう。

生まれつき肌が汚い原因は?

では、なぜ生まれつき肌が汚いのでしょうか。

ここからは、生まれつき肌が汚い原因を見ていきましょう。

NG間違ったスキンケア選びをしている

1つ目は、間違ったスキンケア選びをしているケースです。

肌質や悩みに合わない製品を使うことで、肌トラブルが引き起こされることがあります。

例えば、脂性肌用の製品を乾燥肌に使用すると、肌をさらに乾燥させてしまい、インナードライや肌荒れの原因になる可能性が考えられるでしょう。

また、過剰な洗顔やスクラブなどの肌刺激が強いケア方法によって、肌のバリア機能が弱まり、肌トラブルが起こりやすくなるケースもあります。

NG自分の肌質を理解していない

2つ目は、自分の肌質を理解していないケースです。

肌は一人一人異なるため、他人と同じようなケアをしても自分の肌に合わない場合があります。

肌荒れにアプローチする商品や、ニキビにアプローチする商品など、数多くの商品がありますが、必ずしもその商品を使えば肌が改善するわけではありません。

また、肌は季節や環境の変化にも影響を受けるため、そのときの肌状態に合わせたケアも大切です。

1年を通して同じスキンケアを使い続けている方は、肌質が合っていない可能性があるでしょう。

NG食生活が合っていない

3つ目は、食生活が合っていないケースです。

食生活が乱れると、肌に必要な栄養素が不足し、代謝が低下して肌荒れやニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。

例えば、脂質や糖質の過剰摂取、ビタミン・ミネラルの不足などです。皮脂の過剰分泌を引き起こして肌荒れを引き起こしたり、肌を整える栄養素が不足していたりと肌トラブルの原因になっている可能性があります。

毎日の不足している栄養素をチェックして、足りない栄養素のカバーが大切です。

NGホルモンバランスが崩れている

4つ目は、ホルモンバランスが崩れているケースです。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になったり、肌のターンオーバーが乱れたりする原因になります。

例えば、生理前や更年期などホルモンバランスが不安定になりやすい時期は、肌の新陳代謝が低下し、肌荒れを悪化させる恐れがあるでしょう。

また、思春期や産後などホルモンの分泌が活発になる時期は、毛穴が詰まりやすくなりニキビや吹き出物ができやすくなります。

NG慢性的な水分不足

5つ目は、慢性的な水分不足によるケースです。

肌をきれいにキープするには、適切な水分量が必要なため、水分不足が続くと肌の状態が悪化しやすくなります。

慢性的な乾燥肌や肌荒れやかさつきは水分不足が原因の可能性が考えられるでしょう。肌が乾燥していると、角質層が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビやヒリつきを引き起こす可能性があります。

また、肌のバリア機能が低下しやすくなるため、刺激や紫外線から肌を守る力が弱まり、さらに肌荒れの原因になるでしょう。

努力しても肌が汚い場合どうすればよい?

ここまで、生まれつき肌が汚い原因について解説しましたが、努力しても肌が汚い方も少なくないでしょう。

ここからは、努力しても肌が汚い場合に試したい方法について解説します。

もし、やっていない項目があれば、実践してみましょう。

POINT肌刺激の少ないアイテムに変える

スキンケアにひりつきを感じる場合や、スキンケアを使うことによって肌荒れする場合は肌刺激の少ないアイテムに変えましょう。

例えば、毛穴が気になるからと強力な洗浄成分が含まれている商品を使ったり、ニキビケアで殺菌成分が含まれている商品を使ったりと肌刺激が多いスキンケアをしている場合があります。

パラベンや防腐剤、香料などでも肌刺激の原因になるケースもあるため、まずはフリー商品への注目がおすすめです。

また、メイクアイテムによる肌荒れも考えられます。ミネラル商品など石鹸やお湯で落ちる商品を使って、肌刺激を抑えるのもよいでしょう。

POINT肌刺激の強い食べ物を避ける

辛いものや油っこいものが好きな方は、肌刺激の強い食べ物を避けるのも大切です。肌刺激が多い食事により、肌荒れを引き起こしている可能性があります。

また、小麦や乳製品など肌に合わない食事が原因の場合も考えられるでしょう。もし、特定の食べ物によって、肌荒れする場合は、アレルギー反応を起こしている可能性もあるため医者の診断を受けるのをおすすめします。

ビタミンCやビタミンEが豊富な野菜や果物、オメガ3脂肪酸を含む魚などを積極的に取り入れて、肌に良い健康的な食事を意識しましょう。

POINT1年中日焼け対策をする

冬や雨が降っているときは日焼け止めを塗らない方は、紫外線によるダメージを受けている可能性があります。

紫外線を浴び続けると、コラーゲンが低下し、シミやシワなどのエイジングサインや毛穴の開きなどさまざまな肌トラブルを引き起こす恐れがあるでしょう。

肌ダメージを予防するためにも、1年中日焼け対策を心がけるのが大切です。

日焼け止めによる肌荒れが気になる方は、ベビーラインなど肌刺激が少ないアイテムから取り入れてみてみましょう。

POINT自分の肌質を知る

自分に合ったアプローチがそもそも分からないという方は、自分の肌質を知ることから始めましょう。

ここまで、さまざまな対処法を紹介しましたが、肌質は人それぞれ異なるため、一概にこの方法で改善するとは言い切れません。

自分の肌がどのような特徴を持っているのかを知り、適切なアプローチ方法を見つけることができます。

最近では、デパートのコスメカウンターで簡易的に肌診断ができるようになっているため、気軽に受けることが可能です。

また、本格的に改善するのであれば、皮膚科やエステサロンで原因や肌質をチェックしてもらうのも有効的でしょう。

肌が汚いと感じる原因を特定し、自分に合ったスキンケアや生活習慣をすることで、きれいな肌に導ける可能性があります。

生まれつき肌が汚いと感じる方はプロの力を借りるのも手

何をしても改善せず、生まれつきずっと肌が汚いと感じる方は、肌の専門家の力を借りるのがおすすめです。

毛穴専門店「Bébé」では、毛穴の専門家が、毛穴とお肌の状態をしっかりと確認します。

自分の肌質や肌トラブルの原因を特定し、肌状態を見極めたセミオーダーの施術ができるので、効率よく肌へのアプローチが可能です。

毛穴専門店なら毛穴トラブルにアプローチできる

また、毛穴専門店「Bébé」であれば、自分では改善しにくい毛穴トラブルにもアプローチできます。

肌荒れを繰り返すと、毛穴の黒ずみや開きなどさまざまな毛穴トラブルを併発しやすいです。毛穴の目立ちはスキンケアで改善するのは難しいため、ぜひ毛穴専門店「Bébé」にお任せください。

自分では気づかなかった毛穴の状態を知ることができるので、今後のホームケアにも役立ちます。ぜひ一度、ご相談ください。

まとめ

生まれつき肌が汚いと、美容へのモチベーションが下がり、肌を見ることがストレスになるケースも少なくありません。

何をやっても改善しないという方は、プロの手を借りて、自分の肌を正しく見極めることが大切です。

生まれつき肌が汚いと悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングのご予約はこちら!