毛穴専門店 Bébé

毛穴ケアの悩みを改善する 毛穴専門店Bébé

ご予約・お問い合わせはこちら

毛穴汚れにはメイク落としの選び方が重要!毛穴のお悩み別にご紹介

お肌のお悩みの中で、毛穴に関するお悩みを抱える方は多いようです。毛穴トラブルの原因は、過剰な皮脂分泌や汚れの蓄積で、落としきれないメイクもそのうちのひとつです。

そこで、本記事では毛穴ケアに重要なメイク落としについて解説していきます。毛穴のトラブル別におすすめのメイク落としのタイプもご紹介しますので、ぜひ、最後までお読みください。

メイク落としと洗顔料の違い

今回は、メイク落としに焦点を当てていきますが、そもそもメイク落としと洗顔料はどこが違うのでしょうか。

大きく分けると、主に、油性の汚れを落とすためのものがメイク落とし、水性の汚れを落とすためのものが洗顔料です。

油性のメイクはメイク落としで、皮脂や古い角質、汗、ほこりなどの汚れは、洗顔料で落とす必要があるため、「ダブル洗顔」が必要なのです。面倒だからと洗顔料で一気に落とそうとしても、メイク汚れが残ってしまう可能性があります。

また、日焼け止めクリームだけを塗ってメイクをしなかった日にも、基本的にはメイク落としを使いましょう。石鹸だけで落とせると謳っている日焼け止めクリームもありますが、他の多くの商品は油性の成分を含んでいるからです。

メイク落としの種類と特徴

メイク落としには、7種類のタイプがあります。それぞれの特徴を順にみていきましょう。

オイル&バーム

オイルタイプとバームタイプは、しっかりめのメイクやウォータープルーフのアイラインやマスカラなど落ちにくいメイクに適したメイク落としです。バームタイプは、肌にのせると体温で、オイル状になります。

ジェル

ジェルタイプは、オイルインとオイルフリーの2種類あります。肌に摩擦や刺激が起こりにくく、敏感肌の方にもおすすめです。

マツエクをつけている方は、オイルタイプのメイク落としを使用すると取れやすくなることがありますので、水性タイプがおすすめです。ただし、洗浄力はオイルの方が高いです。

ミルク

ミルクタイプは、肌への負担が少ないのが利点ですが、洗浄力は低めです。ナチュラルメイクのときに活用するとよいでしょう。

クリーム

クリームタイプは、摩擦を抑えて洗うことができます。
油分を多く含んでいるので、お肌の乾燥が気になるときでも保湿しながら利用することができます。

リキッド

リキッドタイプは、メイクや汚れとなじみがよい液状のメイク落としです。水が主成分のものが多く、洗いあがりがさっぱりしているのが特徴です。

濡れた手でも使えるタイプが多く、お風呂でメイクを落とすのにも適しています。

シート

メイク落としの成分をしみこませたもので、メイクを拭き取るタイプです。

洗面台にいかなくてもメイクが落とせる手軽さはありますが、肌に摩擦が起きますので、日常使いはあまりおすすめできません。旅行先やどうしても疲れてしまった日などに活用するにとどめましょう。

毛穴のお悩み別メイク落としの選び方

メイク落としの種類によって、洗浄力や肌への負担が異なることは先にもお伝えしました通りです。毛穴のお悩みにあったメイク落としを選ぶことで、より適切に毛穴ケアができるでしょう。次に、毛穴のお悩み別にメイク落としの選び方をご紹介していきます。

詰まり毛穴

皮脂や古くなった角質、汚れなどが毛穴に詰まった状態を「詰まり毛穴」といい、毛穴の出口をふさぐ栓のことを角栓といいます。

落としきれなかったメイク汚れも詰まり毛穴の原因になりますから、詰まり毛穴のケアや予防には、日々のクレンジングで毛穴に汚れを残さないことが重要です。

毛穴汚れのケアには、洗浄力の強いオイルかバームタイプのメイク落としがおすすめです。敏感肌の方は、オイルやバームタイプより刺激の少ないジェルやクリームタイプを活用してもよいでしょう。

また、オイリー肌が気になっている方は、目元や口元など、メイクを落としにくい場所だけオイルタイプを利用し、その他の部分には水性のジェルタイプを利用するなど、使いわけるのもおすすめです。

メイク落としの形状だけでなく、成分に注目するのもポイントです。詰まり毛穴にはクレイや炭など汚れや皮脂を吸着する成分や、古い角質を分解して取り除くのをサポートする酵素が含まれるメイク落としを選ぶとよいでしょう。

角栓・黒ずみ毛穴

毛穴に残った皮脂やメイク汚れなどが詰まると、白っぽい角栓が詰まった状態になり、その角栓が、日々、空気に触れて酸化すると黒ずんできます。それが黒ずみ毛穴です。よくあるお悩みの「いちご鼻」は、角栓が酸化して黒ずんだ状態です。

詰まり毛穴と同様に、オイルやバームなど洗浄力の高いメイク落としで、しっかりとメイクを落とすことが重要です。とはいえ、オイルやバームタイプは敏感肌の方には刺激が強すぎることがありますので、摩擦が起こりにくいジェルタイプかクリームタイプを使うとよいでしょう。

また、角栓はたんぱく質ですので、たんぱく質を分解する酵素配合のメイク落としを使うとより効果的です。ただし、そもそも角栓は硬くなり、落としにくい状態になったものです。ホットタオルを顔にあてて、肌を温めると角栓がやわらかくなり、落としやすくなりますので、時間があるときはぜひやってみてください。

ホットタオルを利用するタイミングは、メイク落としが終わって洗顔する前がよいでしょう。

開き毛穴

皮脂の過剰分泌で毛穴が開いて目立っている状態が「開き毛穴」です。皮脂の分泌の多い場所に起こりやすい状態です。

しっかりとメイク汚れや皮脂汚れを落とし、毛穴を詰まらせないようにすることが重要です。皮脂をしっかりと洗い流し、肌への負担が少ないジェルやミルクタイプがおすすめです。皮脂汚れの吸着作用があるクレイや炭が配合されているメイク落としを使用するとよいでしょう。また、肌の皮脂のバランスを整えるビタミンCが配合されているものもおすすめです。

皮脂を落とそうとするばかりに、必要な皮脂まで落としてしまうと、肌が乾燥してしまいます。乾燥は皮脂の過剰分泌にもつながりますので、洗顔後の保湿ケアも意識しましょう。

毛穴汚れにおすすめの洗顔方法

ここまで、毛穴のお悩み別にメイク落としの選び方をご紹介してきました。次に、毛穴汚れにおすすめのメイク落としの方法についてご紹介していきます。

Step1:適量を使う

商品の使用方法に定められた適量を使うことが大切です。多いからといって洗浄力があがるわけではありませんし、少なすぎると本来の洗浄力を発揮できません。

Step2:指の腹を使い、メイク落としを優しく顔全体になじませる

強い力でゴシゴシとこすると肌にダメージを与えてしまいます。力を抜いて優しくマッサージをするようになじませましょう。ただし、長い時間をかけすぎると肌への負担となりますので、1分程度を目安としてください。

小鼻などくぼみがあるところは、汚れを残しやすいので、とくに丁寧になじませましょう。

Step3:乳化させる

少量のぬるま湯を加えて、メイクとメイク落としをなじませましょう。それを乳化といいますが、そうすることで毛穴の汚れが浮いて落としやすくなります。白っぽくなってきたら、乳化できているサインです。

Step4:ぬるま湯で優しくすすぐ

すすぐときも肌をこすらず、優しくすすぎましょう。熱いお湯で洗うと必要な皮脂も落としてしまい、乾燥につながりますので、注意しましょう。

Step5:洗顔をする

メイクを落とし終わったら次は洗顔です。洗顔料はしっかりと泡立てて肌をこすらないようにしましょう。

日々の丁寧なダブル洗顔が、毛穴のトラブル予防には重要です。

毛穴専門店「Bébé」で自分磨きを始めてみませんか。

性別、年齢問わず、お肌の悩みは付き物です。特に、毛穴トラブルは基礎化粧品やセルフケアではなかなか解決できない方も多いはず。エステや美容クリニックよりも安価で効果を感じたい方、お肌を痛めず「赤ちゃん」肌を手に入れたい方は、毛穴専門店「Bébé」をぜひ一度お試しください!

「オーヴル毛穴フェイシャル」で赤ちゃん肌に導きます!

「オーヴル毛穴フェイシャル」は、長年培った毛穴専門店「Bébé」のオリジナル技術です。水素を使用し、お肌に負担をかけません。どんな毛穴の汚れ・詰まりもスッキリ取り除きます。

お肌が弱い方、敏感肌の方も安心してご利用いただけます。ご新規様ならば、「オーヴル毛穴フェイシャル」「ヒト臍帯血幹細胞培養液」が5,500円で体験できます!

リピーター率70%以上!お客様満足に自信があります

毛穴専門店という言葉は、あまり馴染みがない方も多いかもしれません。「どんな施術をしてもらえるのかな」「エステのように営業されたらどうしよう」と、初めての方は緊張な面持ちで来店されます。

「Bébé」は、無理な営業、勧誘は一切いたしません!高水準で均質な技術、品質を保証する有資格者によるサービスをお約束。お客様満足96%以上がその証です。

あなたの毛穴にあった「セミオーダー」施術が受けられる!

お客様の毛穴の状態を見極めたセミオーダーの施術を行います 施術の時間は基本メニューで約60分です。

ゆったりとリラックスして施術を受けていただけます、お肌はもちろん、ココロも休まるひとときを過ごすことができます。たった1回の施術でも劇的ビフォーアフターを見込めます。

毛穴の無料診断ができる!

毛穴の専門家が、毛穴とお肌の状態をしっかりと確認します。現在の毛穴の状態を特殊なマイクロスコープで拡大し、蓄積された改善データを元に、お客様のお肌のお悩みの原因と改善方法をご提供します。

自分では気づかなかった毛穴の状態を知ることができるので、喜ばれるお客様が多くいます。ぜひ一度、お試しください!

まとめ

今回は、メイク落としの種類と特徴、毛穴のトラブル別におすすめのメイク落としをご紹介しました。

メイク汚れが残ることも毛穴のトラブルの原因のひとつです。毛穴の状態にあったメイク落としで、しっかりと汚れを落としましょう。

毛穴ケアには日頃の丁寧なケアが予防になりますが、詰まってしまった毛穴はセルフケアでは対応しきれないのも正直なところです。その場合は、プロのケアに頼ってみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約はこちら!